ハイジニーナ 恥ずかしい 格好

ハイジニーナ脱毛の格好は恥ずかしい(*´д`*)

ハイジニーナ脱毛をする時にいちばん恥ずかしいのはやっぱりその格好ですよね。友達や知恵袋などの口コミで調べてみると恥ずかしすぎて私には無理!って思いました。

 

脱毛サロンでもそのあたりは気を使ってくれて、紙パンツを履いて施術したり、専用のショーツを履いて施術したりするそうですが、
脱毛する以上、ハイジニーナの各パーツを確認しながら脱毛しないわけにはいきません。

 

私の友達もハイジニーナの脱毛をしていますが、紙ショーツをはいて施術したと話していました。

 

でも紙のショーツといっても気休め程度らしいので、見られて恥ずかしいと思ったらこの上なく恥ずかしいらしいです・・・

 

特に恥ずかしいのが0ライン。
Oラインの施術は1人のスタッフで行うのではなく、2人がかりで施術するそうです。
というのも、どうしてもおしりの割れ目の間の脱毛処理なので、1人が割れ目を開いて、もう一人が施術するそうなんです。

 

さすがに友達もOラインだけは4回目が終了した後でも恥ずかしいと話していましたよ。
人間は慣れる生き物だ!なんて思ってもその話を聞いてサロンでハイジニーナ脱毛をしようとは思いませんでした。

 

そこでその友達に勧められたのが家庭用脱毛器。
友達は4回目が終了したあとで満足いく結果でなかったので追加で契約せずに脱毛器を購入してハイジニーナ部分の脱毛をしているんです。

 

⇒その友達がハイジニーナ部分に脱毛器をおすすめする理由は・・・